真冬でも簡単に洗濯物を乾かす方法

エアコンや室内除湿器などを上手に活用する

扇風機とエアコンの風を利用する

室内で風通しを良くして干す場所を工夫したら、さらにそこに扇風機の風をあてるとその効果は倍増になります。
室内干しに足りないのは「風」です。風がないなら作ればよいのです。せっかく風がよくとおるように干しているのですから、そこに更に風をあててあげれば乾きもよくなると思います。
それにプラスしてエアコンを上手に活用しましょう。エアコンにひっかける形の物干しもありますのでそちらを利用して干すと更によく乾きます。部屋にいない間は電気代が勿体ないと感じるかもしれませんが、タイマーで2時間くらいにセットしておけばそれほど電気代もかかりませんし、部屋に帰ってきた時の何とも言えない洗濯物の生乾きの臭いも少なくなるので良いのではないでしょうか。

布団乾燥機の除湿機能を利用する

布団乾燥機は大抵のご家庭にあるのではないでしょうか。
布団乾燥機は布団を乾燥するだけではなく、部屋全体の除湿機能も付いているものがほとんどだと思います。その除湿機能を一日つけておけば湿気もとんで洗濯物も乾きやすくなるのではないでしょうか。しかも意外と暖かいので冬場は特にお勧めします。
布団乾燥機自体の電気代は1時間5円ほどなので、一日つけていてもそこまで電気代を気にしなくても良さそうです。我が家にある旧式の布団乾燥機でさえその電気代なのですから、最近の除湿器はもっと省エネなのではないでしょうか。エアコンのつけっぱなしは気が引けても除湿器なら気兼ねなくつけておけそうですね。
ただ洗濯物がほぼ乾いたら、除湿器は消してたほうが良いかもしれません。冬場は特に乾燥しているので、あまり湿気をとりすぎても喉を傷めてしまうので注意してください。